×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

神栖を調べてみた。

神栖を調べてみた。

神栖市には、これまでにも多くの風力発電設備がありましたが、神栖市鹿島港の南海浜地区にある外海型風力発電設備は国内初のものだそうです。

 

なにが国内初か、というと、全ての設備が海岸沿いに建ち、堤防などに囲まれていない外海型の風力発電の運転です。海沿いにずらりと大きな風車が建っていて、けっこう見ものです。

 

洋上風力発電は、陸上で問題になっている風車の騒音などの被害を避けられるし、陸地に比べると安定的に強い風を利用できるで欧州などでは一般的なんだそうです。

 

でも、台風の多い日本には不向きなので海岸沿いに建つ風車はあまりないんですね。ちょっとした観光にいいかも、です。